CAD/CAMを使用した歯科技工

掲載日 : 2017.08.08

8月19日は第三回目の体験入学会が行われます。

そこで、今回は体験入学会で触れるCAD/CAMのデータ作成について少しお話します。

通常の授業では石膏模型を使用し、その模型上で補綴物(銀歯や詰め物)の製作を行います。

体験入学会では、石膏模型上での製作は専任教員によるデモンストレーションを行っており、体験入学会ではCAD/CAMを用いたデザイニングをしてもらっています。

そのデザイニングで使用しているデータの作成について

石膏模型をスキャナーで読み込み

ポリゴンモデルでPC画面に表れます。細部までスキャニングが終了すると

このように、石膏模型と同じものがPC画面に表れます。このようにしてデータを作成しています。

このデータを使い、体験入学会では実際の歯の補綴物の製作を体験してもらってます。

色々な症例を場所をとらず保存できるのも魅力ですね。

興味のある方、進路で悩んでいる方も是非!参加お待ちしております。

やんやん

プロフィール
宮崎県歯科医師会が設立した専門学校

歯科技工士科、歯科衛生士科の情報や、入試に関する情報、学校行事を「パールブログ」と題して日々の話題を紹介しています。

宮崎歯科技術専門学校
HP : https://www.miyazaki-dtc.jp/